薮田、晋吾ありがとう!

 本日千葉マリン最終戦ということで、今期で引退となった薮田安彦・小野晋吾両投手の引退セレモニーをPacific League TVにて見届けました。
 薮田といえば2005年のボビーマジックの時にYFKの一員として大活躍したこと、そして先発がランナーをためてからの苦しい場面での登場が多く、「薮田心中」のボードを持った大勢の薮田信者と一緒に祈りながら応援したこと、等々思い出がいっぱいです。仙台に応援に行ったときには何度か悔しい思いもしたなあ。
 ロイヤルズから戻ってきてからはクローザーになりましたが、殺気を漂わせながら登場曲の Welcome To The Jungle(Guns N' Roses)とともにVOLVOのリリーフカーで登板する姿はめちゃくちゃ格好良かったです。
 今のリリーフ陣は益田、松永、内、ロサ、すばらしいけどまだまだ殺気が足りず、薮田の存在感にはかなわないなあと思っていたので本当に残念です。でも今日のセレモニーでの投球をみたら満足に投げられない程痛々しく、一杯一杯だったんだなあと知りました。 お疲れ様でした。

 そして、小野晋吾、プロ入り後しばらく成績が出ず、サンデー晋吾として日の目を見た時に、石の上にも7年とインタビューで語っていた事を良く覚えています。 満足な結果が出なくても腐らずにいつか成果が出ると信じて黙々と努力を続けた姿勢にはただただ頭の下がる思いです。2005年の時にも磐石の先発陣をサポートするために終盤はリリーフに回りながら、不満な顔一つせずに火消し役に徹して優勝に貢献したことをマリーンズファンは忘れません。右打者の内角をエグるシュートと電光石火の牽制、ランナーに息付く暇も与えないクイックモーション、今日の投球を見たらまだいけるんじゃないかという位でしたが世代交代なんですね・・

 ゆっくり休んでからまたコーチとして帰ってきてほしいなあと思います。今までありがとう!

 オリオンズ時代からのロッテファンとしては、大好きだった初芝・堀・小坂が抜け、2005年のボビーマジックのメンバーも次々と引退や移籍で抜けていき、当然の流れではあるけれど寂しい限りです。後は福浦がいよいよキャリアの集大成の時期になってきましたが是非2000本を達成してほしいです。 そしてあの火の出るようなスピードでライトスタンドへ突き刺さるホームランをまた見たい! とマリーンズファンみんなが思っているはず。 これからCSなのでまだまだ見せ場は沢山あるぞ! ロッテナインには二人の背中を見て奮起してほしい! マリーンズファイティン!