富士山キャンプツアー!

 念願の富士山キャンプに行ってきました!
 山形人は豊かな自然に囲まれて生活していますが、日本人の心の山・富士山が見えないという残念な面もあります。そこで、とにかく良く見えるところで過ごしてお腹いっぱい富士山を見たい!ということで行ってきました。

 最初に設営したのは本栖湖の湖畔の浩庵キャンプ場。千円札の裏側にある風景の撮影ポイントに近いのと、マンガ「ゆるキャン」の第一話で登場するので有名なところです。はじめは雲がありましたが、晴れて富士山がどーんと見えた時にはさすがに感動。
00_DSC_0221.jpg
 有名な場所だけあって、平日でも水辺にはずらっとテントが並んでいました。一段上がった平らなところに設営(ほぼマンガと同じ場所)。
01_DSC_6714.JPG
 まずは富士山を眺めながらビールを一本。いやあ美味い。
02_DSC_0201.jpg03_DSC_0202_mini.jpg
 夜には月が出て、これまた感動の光景でした。
04_DSC_0203.jpg
 朝6時頃の夜明けの富士山。キャンプをやると日の出に合わせて目が覚めるのですごく健康的な気がします。
05_DSC_6778.JPG
 逆さ富士も見ることが出来ました。ラッキー。途中大雨や強風に見舞われてタープを畳んでテント内で飲んでやり過ごす時間もあったけど、絶景を見られて大満足でした。
06_DSC_6753.JPG

 キャンプツアー後半は、これまたマンガで登場するふもとっぱらに移動。とにかく広くて、ものすごい開放感!風向きによっては、併設されている堆肥工場の臭いが流れてきますが、田舎者なのでノープロブレム。
07_DSC_0249.jpg
 まわりを気にせず思う存分設営。デュアリスよ、これが富士山だ!
08_DSC_6802.JPG
 本栖湖とはまた違う趣の日の出の富士山。
09_DSC_6907.JPG
 テントを開けて、寝袋に入りながら日の出鑑賞。いやあ贅沢。
10_DSC_0237.jpg
 富士山を見ながら朝ごはんやコーヒー。極上。
11_DSC_0245.jpg12_DSC_0247.jpg
 夕方にはピンクの富士山も見ることが出来ました。一日の中でどんどん見え方が変わるので、見飽きることが無いです。
DSC_6818.JPG
 電源は取れないので、ソーラーパネルが役に立ちました(スマホやランタンの充電)。
13_DSC_0248.jpg
 メジャーなキャンプ場のせいか、学生風のグループが夜通し騒いだり音楽をかけたりマナーが悪い客がちらほらいたのは残念でしたが、そんなこともあろうかと耳栓は持って行ったので熟睡出来たし、全体としては大満足だったと思います。

 こんなキャンプ、もうチャンスないだろうなあとは思うけど、もし機会に恵まれたら、穴場を見つけて富士山キャンプしてみたいなあ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス