梅雨の蔵王・坊平キャンプ

 キャンプを始めるようになってから、梅雨が長いなあ、早く開けないかなあと待ち遠しく感じるようになりました。
 とはいえ籠っているわけでは無く構わず隔週でキャンプ続けてるけど。

 今週は、ずっと目を付けていた蔵王・坊平の国設野営場。
 国設ということで1泊350円!2泊しましたが700円! 管理人は早口の山形弁を繰り出してくる一見無愛想なおっちゃんですが色々心配してくれるいい人です。(好き嫌い分かれるだろうなあ)

 冬の間スキースクールの手伝いでお世話になったライザのハイジ・キッズアカデミーのペンションの前を通り過ぎて突き当りの森が野営場。
DSC_1469.jpgDSC_1470.jpg
 敷地は広大で、森そのままキャンプ場になった感じ。傾斜地が多く、良い場所を見つけるのが大変だったりトイレが1カ所なのが欠点といえば欠点か。また、車の乗り入れは自由なのですがここ数日の雨で、ぬかるんでいる場所がありスタック続出でした。我がデュアリスは車高高めの四駆なので全く問題無し。FF車全盛だけどやっぱりアウトドアなら四駆だなあ。
 さて斜面の中で何とか平らな場所を見つけて設営。
DSC_1449.jpg
 連休のため平らなエリアはびっしりでしたが、それでもちょっと外れに行くとこんなにゆったりできます。
 張り方はここのところずっとやってる雨用の「過保護張り」。テントの上に大きめのタープを張るやつですが、後ろ側のポールを低くして、雨水が後ろに流れるように工夫してます。このお陰で本降りの雨でも前方には雫は一切垂れて来ず快適です。

 今回の新ギアはワークマンの防水ウェア。暑くなったら膝のあたりから分離して短パンに変形可能。もう一点はくるぶしの高さのゴム靴。
DSC_1458.jpg
 足首前側に切れ込みがあるので歩行を妨げることが無く快適です。この組み合わせのお陰で本降りの雨の中でも全く濡れる事無く気持ちよく動き回ることが出来ました。アウトドアブランドに比べて格段に安くて(ズボン2,900、靴1,936)、デザインもそこそこなので非常に有りがたい。
DSC_1459.jpg
 初日の夜はザーザー降りの雨で、雨そのものは気にならなかったのですが湿度が高くて寝苦しい夜でした。明け方にはモヤが立ち込めてきれいでした。
DSC_1454.jpg
 2日目は小雨がたまに降るくらいのまあまあの天気。
 朝は必ず0.5合を炊飯して卵かけご飯。少量の炊飯は難しくて試行錯誤を続けてましたがようやく決まってきました。セリアのゼリータイプ袋入りの燃料。初めは良く燃えて後半勢いが落ちてくるのが炊飯の流れにちょうどぴったり。消火まで18分くらいほったらかしてむらし10分、トータル30分弱でいい感じに炊けます。
DSC_1463.jpg
 重しも大事。ハンマーがちょうど安定して良いです。
DSC_1464.jpg
 コーヒー淹れたり昼寝したり散歩したりしてまったり過ごして、午後は近くに出来た温泉に行ってきました。

「高原ゆ」。とにかくおしゃれ。木材をふんだんに使った建物で、接客もさわやか。室内もおしゃれすぎて男湯が何処かもわからないくらいですが親切に案内してくれます。かけ流しではないものの、肌にしっとりとなじむいい湯でした。
DSC_1451.jpgDSC_1452.jpg

 夜はお楽しみの焚き火。毎年通っているさくらんぼ農家さんから剪定木を分けてもらって使ってます(たっぷり1年分)。甘い匂いはしないけど、心持ち煙の刺激が少ない気もする。
DSC_1473.jpg
 節くれだった木ですが、味があって良いです。今回も焚き火をつまみに旨い酒を飲みました。

 ということで雨が降ってもしっかり準備していけば濡れることも無くて日差しも弱めなので快適です。
 いやーいいところだった、リピート確定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス